法人概要アクセスサービス紹介周辺紹介ご利用について苦情解決お知らせコーナー
>>TOPへ
3月29日の午前中は天候も快晴、

ということで、木原地区の路上清掃活動をしました。

道路脇に落ちている空き缶やペットボトルなどを

回収しました。

その後はお昼ご飯、ということで

本日はちゃんぽん、小籠包、白ご飯

皆さん、路上清掃活動した後ということもあって

美味しそうに食べておられました、
ワークセンター心陽は平成24年4月1日から城南町鰐瀬地区で就労継続支援B型

や就労移行支援(平成29年3月廃止)の多機能型事業所として開業致しました。

開業以来、地域と共にあり、地域と支え合う事業所として、事業所周辺の路上で

空き缶など資源ゴミを週1回のペースで清掃活動をしております。

今では、地域の皆様と挨拶を交わし合う仲となりました。

これからも、地域に親しまれる事業所となるよう取り組んで参ります。
昨日3月22日水曜日は、午前中は天候もよく、春爛漫といったところでした。

昼食には、みんなで外に出て、円になって花見弁当を食べました。

皆さん、春風薫る季節、学園の桜もほぼ満開でしたので、景色も良く、

そして気分良く過ごせました。

気分良く過ごせましたのも、午前中にあったWBCでの侍ジャパンの戦い

があったからではないかと思っています。

その侍ジャパン 準決勝のメキシコ戦、決勝のアメリカ戦とドキドキする試合

展開に日本中が酔いしれる時間となりました。

皆さん、リアルタイムでなかなか観れない時間帯でしたが、中休みや昼休み

の時間で試合を観戦していました。





プレーも試合展開もすごかったですけども、準決勝メキシコ戦9回裏の攻撃、

4対5で負けている場面、大谷選手の2ベースヒットから吉田選手の四球、

そして1塁ランナーを周東選手へ代えてサヨナラのお膳立てが整い、村上選手

のサヨナラヒットのシーンはとても印象に残りました。

この試合、ここまで4打数0安打の不振な村上選手を信じて、この打席を任せた

栗山監督にも感動しましたし、「念ずれば花開く」や「信は万物の基を成す」とは

このことかなと思いました。

また、アメリカ戦では8回表のチーム最年長でチームをまとめたダルビッシュ投手

から9回表の大谷投手への豪華リレー、大谷投手とトラウト選手の対決も見応え

があり、あのスライダーで三振とったシーンは忘れられません。両選手とも自ら

志願して投げ、それを起用した栗山監督にも感銘を受けました。




そして、このチームには一体感を感じました。一体感のあるチームになったのも、栗山監督

の人選で集まったダルビッシュ選手、大谷選手、ヌートバー選手などメジャーリーガーの

選手たちと日本選手との距離感を縮めた人間力やコミュニケーション力の賜物であったと

思います。

優勝後のインタビューの中で大谷選手がアジアの野球の発展を望む発言や次世代の

子どもたちへ思いを話すこともあり、共感を覚えました。





侍ジャパンの皆さん 第5回WBC優勝おめでとうございます。

野球から元気や勇気をたくさんいただき、そして野球の素晴らしさを感じたひとときとなり、

感動をありがとうございました。そして、監督・コーチ・選手のみなさんお疲れさまでした。

3年後の大会が楽しみになりました。
連日、WBCで侍ジャパンの活躍をテレビの前で応援しています。

ペッパーミルパフォーマンスをはじめ、活躍する選手たちの様子は

私たちの元気に繋がっています。

利用される皆さんも連日この話で盛り上がっています。

いよいよ、アメリカ マイアミでの準決勝

朝8時~の試合、待ち遠しいです。
5年くらい前に学園内に植樹されました舞桜が開花しています。

先週は近くの山桜が満開で、今回は舞桜が咲いています。

私は桜の花は開花してすぐの桜よりも満開から散り際の桜を観るのが好きです。

今年はどんな桜の変化を魅せてくれるのか、楽しみです。
今回のランチということで、3月15日水曜日の昼ご飯は焼きそばでした。

水曜日ということでワークセンター心陽に通う人たちは休みなので、グループ
ホームで焼きそばをホットプレートやフライパンを使って野菜や麺を炒めたり
焼いたりして食べました。

ほかの利用者はサポートライフ心陽で昼ご飯として食べました。
自分たちで作った焼きそばは味も格別だったようでした。

また、午後3時のおやつの時間にはスイーツバイキングでパフェ作りをしました。
利用者の皆さんはコーンフレークをベースにして白玉団子、チーズケーキ・チョコケーキ、
いちご、台湾カステラ、桃カステラ、フレンチトースト、チョコクリーム・生クリーム
・甘夏ジャム・ポッキーなどをバイキングのようにセレクトしながら食べておられました。

皆さん笑顔いっぱい、口々にとても美味しかったと感想を話しておられました。

また、次の楽しい機会を考えていこうと思います。
3月に入り、ほぼ陽気な天気が続いています。
今日3月6日は二十四節季では啓蟄です。

冬眠から虫たちが出てくる季節となり、温
かい季節になりました。

そんな季節ですので、朝から園内をウォー
キングしております。

70年代のヒットソングをかけながら自分
のペースでウォーキングします。
中には口ずさむ方々も・・・

今後も体力維持を目的にしながら、継続して
実施に努めたいと思います。

すでに一部のグループホーム利用者の皆さんは12月
に接種が済んでいる方々もおられますが、5回目未接
種で接種を希望する方々の接種を先週から再開して
おります。

予定では12月に接種予定でしたが、第8波のコロナに
感染されたため、延期して今回の接種に至りました。

今のところ、摂取後の副反応については以前のように
熱発などの症状がある方は少ないようです。
3月5日の日曜日の朝、木原区の公民館清掃にグループ
ホーム有志の皆さんが参加致しました。

この清掃活動は半年に一度、当番制で廻ってきます。

枯葉の落ち葉拾い、溝の掃除、草取り、窓ふき、床拭き
など掃除いたしました。

掃除が終わった後は、清々しい気持ちになりました。

参加した皆さん、お疲れさまでした。
3月3日 ひな祭り
 
昔から女の子の健やかな成長と健康を願う意味をもつ日となっています。

そこで、数日前から、厄払いで有名なアマビエ型のひな人形を設置して、
厄を払いつつ、本日は午前中、ひな祭ソングをかけて、着物や化粧して
お内裏様とお雛様に扮し、そして昼食は手料理のちらしずし、豆腐の
だし汁、竹輪天婦羅の煮物、里芋と椎茸・人参の煮しめ、野菜のおひ
たしなどを食べて、健やかな成長と健康を願いました。

企画や準備、そして食事提供に携わった皆さん、ありがとうございました。

| ホーム |


 BLOG TOP  »NEXT PAGE