法人概要アクセスサービス紹介周辺紹介ご利用について苦情解決日々のブログ
>>TOPへ
田植えの後、稲もぐんぐん成長し、7月28日から1週間程度の中干しの時期となりました。
7月12日月曜日、富合福祉会心陽の各事業所スタッフ全員、唾液PCR検査を実施しましたところ、検査結果は陰性と診断されました。
7月6日、ワクチン接種を希望する64歳以下のグループホーム利用者のワクチン接種1回目が始まり,
4名が接種されました。
65歳以上のワクチン接種を希望するグループホーム利用者16名の1回目は5月24日から始まり6月7日に終え、2回目は6月14日に始まり6月30日に接種完了となりました。
熊本市より職域接種の案内があり市在住の職員に接種の希望を取りました。その結果、グループホームスタッフと日中事業所スタッフの合計7名が選抜され7月2日に熊本城ホールで第1回目のワクチン接種を受けました。第2回目は7月23日となりました。
6月13日に新型コロナウィルス感染症の蔓延防止宣言が解除されましたので、翌14日から通所サービス事業所の高校生の現場実習が始まりました。また、21日からは通所サービス事業所と合わせて居住サービスのグループホームでの実習も始まりました。それぞれの実習生達は体験や経験を重ねて楽しく過ごされていました。期間中に支えていただきました関係各位の皆様方に感謝致します。
2021年産の自家消費米の米ヒノヒカリともち米の田植えを6月21日から行いました。
2日後、無事に田植えが終わったことを振り返りながら、早苗饗を実施致しました。
6月14日月曜日、富合福祉会心陽の各事業所スタッフ全員、唾液PCR検査を実施しましたところ、検査結果は陰性と診断されました。
6月中旬、令和3年度の家族会総会を書面審議で決議をとりました。結果、令和2年度決算や事業報告、令和3年度予算や事業計画、役員改選など賛成多数(賛成48、反対0)により可決されましたことをお知らせ致します。
熊本県も新型コロナウィルス感染症のまん延防止重点地域となったことから、
8月23日に唾液PCR検査を全職員、実施いたしました。
検査の結果、全員陰性と証明されました。

| ホーム |


 BLOG TOP